2010年02月03日

心に刻む

泣ける本に続いて、最近知った短編ドキュメンタリーもご紹介しておきます。(泣いても大丈夫な時に観るほうがいいかもしれません)
 
 

Last Minutes with ODEN (→LINK)
 


 
 
残念ながら僕の英語力では断片的にしか聞き取れませんが、ストーリーは十分すぎるほど映像から伝わってきます。
足を犠牲にしても抗えなかったガンに冒された愛犬に、飼い主が選択した「Last Minutes」です。

賛否はある決断だと思いますが、透徹した悲しみと美しさの映像は、深く心に刻まれました。
 
 
 
 
 


※最後の、黒い背景のクレジットの部分。音を大きくしてみてください。扉を開ける音と、足音が聞こえる。飼い主の新たな歩みなのか。あるいはオーディンの足音でしょうか。


 
posted by Takeshi at 21:06| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。