2010年10月25日

ひと月、動画。

 

R0013749.jpg
 ↑10日ほど前の様子。いただいた花もだいぶ枯らしてしまい、代わりに、大きなパネルにウーピィの服をディスプレイしてみました。
 
 

ウーピィがなくなってひと月経ちました。
いてもいなくてもやることと、少しづつウーピィ関係のものを整理したりとか、弔問くださる方とか、そして、もう何もウーピィにしてやれない現実とか。
そんなこんなで、長くて短くて、よくわからないままのひと月だった感じです。

先日、YouTubeにウーピィの動画をアップしました。昔のデジカメのおまけ機能みたいな動画なので、粗くて小さいです。一部かつてサイトにアップしたものは編集してありますが、ほとんど全部撮りっぱなしの動画です。お暇な時にちょっとづつでもご覧いただければ幸いでございます。

YouTube My Channel

・・・と言っても数があるので、ざっとおすすめ?はコチラ。
115-1577 121-2185 125-2515
P1050096 P1050129 DSCF1643
DSCF2009 DSCF2080 DSCF2112
DSCF4869


写真がもちろん好きだけど、動画も思い出としてはすごくいいですよね。もっと撮っておけばよかった! というか、今どきのデジカメの動画ってフルHDだったりしてすごいですよね。ぜひぜひ、動画もたくさん撮るのをオススメしたいです。

あ、そうそう。もう一つ笑える動画もあるんですけど、それはまたいずれ(笑)。


 
posted by Takeshi at 21:15| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

でかい。けど小さいよ。

なくなる1週間前だったもので宣伝?しそびれたのがありました。
突然モデル・エージェンシーから届けられた巨大なブツ。

R0013548.jpg
 
東急ハンズ限定販売の「2011 PARADE POSTER CALENDAR」です。
いろんな犬種がパレードしてる感じ。

R0013551.jpg

ん?えーと。。。
 
R0013552.jpg

いました、いました。
ウーピィがフレンチブル代表でゴメンなさいよ(笑)
デカいし実用的なカレンダーじゃありませんが、ハンズで見かけたら「あのフレンチ、友達のウーピィだよ!」って大声で言うと誰か買ってくれるかもしれないからよろしくお願いします(笑)。


ちなみにオフレコですが、これ、同じパレードの写真で2007年阪も発売されてます。リピートするってことは、そこそこ売れてるのかなぁ。来年もどこかしらの家で、ウーピィを見ている人がいるのだと思えば、ちょっと嬉しいですね。


 
※10/25追記:売り場では、直径10センチぐらいで長い筒状にして置いてあると思います。


 


posted by Takeshi at 23:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の一言

山崎まさよしの「One more time, One more chance」は、一生フルコーラス歌えない。無理。
 
posted by Takeshi at 12:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 今日の一言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月17日

楔(くさび)

土曜日はさっこさん@総理・スカと秋ヶ瀬公園で外ごはん。実は、先月行くつもりだったのだが、あいにく総理の調子が落ちているタイミングで、大事をとって延期したのでした。まさかひと月ほどで両方ともいなくなるとは、思いもしないことでした。

R0013753.jpg
いつもならこの手の写真にはウーピィが写っているはずだと思えば、今でも悲しいけれども。

R0013759.jpgR0013762.jpg
それでも今まで通りに外でのんびり食べたり話したりは楽しいし。
一気に犬生最大のモテ期がやってきたスカも、それなりに楽しそうだ(笑)


 
そして今日、日曜日は、ピエール家がお花を供えに来てくれた。まずは我が家にピエール家、総理家が集まって第1ラウンド。続いて1Fの総理家に移動して第2ラウンド。涙あり笑いありの時間を過ごしました。
R0013775.jpg

R0013768.jpgR0013786.jpgR0013776.jpg
 
 

ピエールと総理とウーピィと。
同じ時代を同じような思いで一緒に過ごしてきた仲間で集まれて嬉しかった。これからも続きますように。

129-2908_IMG.jpg 129-2918_IMG.jpg 129-2903_IMG.jpg
2003年3月。二子玉川・ドッグランでのオフ会の写真。
 
 

この日記のタイトルをどうしようかと思ってたら「楔(くさび)を打つ」って言葉が浮かんだ。念のため
Wikkiで意味を調べてみた。うん、やっぱりこれだな、と思った。両方の意味があるのがいい。今日の集まりで、区切ること・より繋がっていけること、両方を、気持ちに打ち込めたような気がしたのです。
 


 
 

posted by Takeshi at 21:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 犬がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

We will meet again.

今日で2週間、半月経ちました。雨が降っています。
前回のアップで皆さんへのご報告も終わりました。いつもの方々も、はじめましての方々も、たくさんのメッセージありがとうざいます。

今の気持ちは、もちろん悲しくてつらいのですが、その一方で達成感のような気持ちもあります。その日、ウーピィに「ありがとう」が言えた、ということです。なんとしても最期のときにウーピィに「ごめん」は言いたくない。ずっとそれだけを思ってきました。

ウーピィだけの10年でした。
いつも早く家に帰ろうとしてきた。ウーピィが待ってるから。自分の買い物に出てもこれウーピィにいいかもって思った。ペットホテルに預けて旅行することも一度もなかった。ウーピィが一緒じゃなくちゃ楽しめないから。趣味と呼べるものもキャンプやカメラ。ウーピィと一緒に遊べるから。

そんな生活を続けてきて、これからどうするのかどうなるのかわからないけど、何もマイナスは無かったし、少しづつ積み重ねてきたぶんは、高いところに来ているはず。これからも、少しづつでもいろんな事を積み重ねれば、いつかまた、ウーピィのいるところにたどりつける。そう思いながら、日々を過ごそうと思っています。

あらためまして、皆さんありがとうございました。感謝の気持ちだけです。「せかい一なかよしのウーピィとぼく」がお世話になりました。

 
 
 

ウーピィがいなくて時間があいて。こんなの作ったりしてました。
・下の画像クリックでYouTubeの動画が開きます。
・音が出ます。長いです。重いです。ご自宅などでご覧いただければと思います。

 

tube.jpg

 

当blog「Daily Bubbles」、たまに写真をアップしてる「Photo Bubbles」ともに今のところは閉めるつもりはありません。どんなことを更新するのかはわからないけど、静かに続けようかと思います。しばらくはウーピィの蔵出し画像とかばかりなのは想像できますね。
よろしければ、これからもおつきあいください。



posted by Takeshi at 10:28| Comment(11) | TrackBack(0) | 犬がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

その日が明けて (2010.09.26)

<その日が明けて (2010.09.26)>

その日の夜は、1Fからさっこさん@総理家が来てくれて、ウーピィの写真集を見たりしながらしばらくいてくれました。来てもらって良かった。色々話ができて、気持ちが落ち着いたと思います。

その日が明けると、ウーピィ10才の誕生日。もう息は無いけど、ウーピィと迎える最期の誕生日になりました。ウーピィをなでるのも抱きかかえるのも、この日が最期。夕方には火葬です。
実は、その時になって慌ててしまい気持ち良く見送れなかったら、後悔するだろうと思っていたので、少し前に葬儀については調べていました。選んだのは移動式、つまり車の荷台の部分が焼く炉になっているものです。

いつも特に予定の無い週末に車で行っていた、近くの公園での火葬をお願いしました。もうまともに一歩も歩けないウーピィとの、普通の散歩をあきらめた、最後の散歩もこの公園でした。
自宅で説明を受け、公園でまた葬儀屋さんと落ち合います。ウーピィと一緒の最後のドライブです。
 
 
              →→→続きを読む
posted by Takeshi at 20:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 犬がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

その日 (2010.09.25)

<その日 (2010.09.25)>

いつもの土曜日でした。1週おきの通院の日。晴れていたけど午前中は風が強かった。つい先日までの記録的な猛暑がすーっと終わりを告げて秋が来た。そんな昼間だったと記憶しています。
病院では、まずまずというかほどほどの状態。このペースで10月、11月とおだやかに重ねていけるといいですね、と、波風の無い診察結果となりました。最後に先生に翌26日で10才を迎えるお礼を述べて、明日はごちそうですね、なんてなごやかに病院を後にしたのでした。

帰り道。午後5時すぎ。もう少しで家に着く頃、助手席の美佐子の膝の上で前触れもなくおしっこしてしまいました。車では初めてでしたが、近頃はそろそろかなと思いトイレシートの上に寝かせると、寝た姿勢のまますることも多かったので、病院で我慢してたのかぐらいにしか思いませんでした。

ほどなく自宅マンション駐車場に着いて、美佐子の膝から僕がウーピィを抱き上げると、すでに全身の力が抜け、呼吸していない状態でした。車から出て、もう無駄とは思いながら、人工呼吸・心臓マッサージをしてみました。一瞬息を吹き返したようにも見えましたが、最後の空気が吐き出された動きだったのではないかと思います。
自宅に上がり安置しても、しばらくは体温も暖かいままで、いつものようにすやすやと寝ているかのようでした。


以下、勝手な妄想ですが...。

その日も、そして今考えてみても。何度考えてみても、あの日、あのタイミング以外に最高の別れ方は無かったんじゃないかと思えてなりません。

年のはじめ頃から、水頭症の障害を抑えきれず徐々にまともに歩けなくなり、ゆっくりと飼い主に覚悟をさせてきた。3月頃にはほぼ寝たきりになり、添い寝をしながらの介護。6月にはガンが見つかり余命を思う日々。少しずつ、少しずつ、飼い主が心を傷めないように、その日へ向かわせていたように思えてしまいます。

そして、ウーピィの選んだその日は9月25日。翌26日は10才の誕生日。もう、体は限界だったのでしょう。獣医さんからはとにかく体重を落とさないように、がんに負けない体力をキープしようと言われてました。ウーピィもそれをわかっていたのかどうか。近頃はあまり食べたくない様子でしたが、二人がかりで支えて一口づつ指で口に持っていくものを、朝晩約30分ぐらいかけて飲み込んでいました。

ウーピィの最期の望みは、
 ・健康を維持し何度も命を救ってくれた獣医さんに、お礼に行くこと。
 ・幸せな場所だった家を、悲しい場所にしないこと。
 ・誕生日という祝いの日に、悲しい思いをさせないこと。
 ・きっちり10年の区切りをつけること。
 ・そして、二人のそばで静かに行くこと。

それらをやりとげて、あの日、あの時間に永眠したのではないかと思えてしまうのです。日が沈むのに合わせるような、自宅に戻るのに合わせるような最期の時間でした。飼い主のそばで、車に揺られて、色んな所へ遊びに行ったことでも思い出していたでしょうか。

馬鹿な、勝手な妄想ですね。
 
 


0925ii.jpg

 
 
 
posted by Takeshi at 14:21| Comment(13) | TrackBack(0) | 犬がらみ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。